ホーム

歩み

環境への取り組み

歩み

昭和28年 北浜薬品工業株式会社を資本金100万円で設立。
日本触媒化学工業(株)において、不飽和ポリエステル樹脂の国産技術に よる生産を始め、北浜薬品工業株式会社の工場を吹田に設置。
昭和29年 社名を日本ポリエステル株式会社と変更して、
大阪市及び東京都に営業所を開設。
昭和30年 自社技術で日本で最初の波板連続成型機を完成し、
“技術のニッポリ”の地盤を確立。
昭和32年 資本金100万円を400万円に増資。工場を尼崎市に移転。
需要の増大により生産能力を3倍にし、名実ともに日本一の
FRPメーカーとなる。
昭和33年 名古屋市、福岡市に営業所を開設。
昭和35年 資本金400万円を1,600万円に増資。
昭和36年 尼崎工場内にFRP保安帽の製造設備を新設、操業を開始。
昭和37年 広島市に営業所を開設。「ポリドーム」「カーブミラー」の市販を開始。
昭和38年 尼崎工場が保安帽のJIS表示許可工場となる。(第10004号)
昭和39年 尼崎工場がFRP波板のJIS表示許可工場となる。(第564118号)
昭和41年 建設業の大臣登録を受ける。浄化槽の製造を開始。
昭和42年 米国ジャスティン社よりFW(フィラメント・ワインディング)法の技術を導入し、「ニッポリ・ケミストロンタンク」の試作を開始。
昭和43年 資本金1,600万円を5,000万円に増資。
「ニッポリ・ケミストロンタンク」の市販を開始。
昭和44年 関東地方の需要増大に対処するため、千葉県夷隅郡に用地を取得、千葉工場の建設に着手する。業績の向上に伴い、 本社を現所在地に移転。
昭和47年 仙台市に出張所を開設。処理場覆蓋製品「防臭ドーム」の生産販売を本格化する。
昭和48年 高松市に営業所を開設。
昭和49年 資本金5,000万円を1億円に増資。
公害防止プラントの生産を本格化する。建設業の大臣許可を受ける。
昭和51年 千葉工場がFRP浄化槽のJIS表示許可工場となる。
(第376034号)
尼崎工場がFRP浄化槽のJIS表示許可工場となる。
(第576065号)
昭和53年 最新の波板連続成型機を尼崎工場に導入。
昭和55年 回転成形機を千葉工場に導入。
昭和59年 引抜き成形法の技術を確立して、処理場用覆蓋板
「ポリデッキ」の市販を開始。
昭和61年 日本触媒化学工業(株)において、ポリカーボネート樹脂板
「エポカーボ」の生産を始め、当社がそれを市販開始。
茨城県内に出張所を開設。
昭和63年 仙台出張所を増員して営業所にする。
平成元年 事業部制を導入。三田工場の建設に着手。
平成2年 三田工場が完工し、操業を開始する。青垣工場の建設に着手。
平成3年 青垣工場が完成し、操業を開始する。札幌市に出張所を開設。
平成5年 札幌出張所を増員して営業所にする。
平成8年 事業部制を廃止し、本部制とする。
12月1日(株)日本触媒よりPC事業(生産・販売)の移管を受ける。
平成10年 資本金1億円を4億円に増資。
平成12年 小浜市に小浜工場を開設。
平成14年 FRP-e製品の市販を開始する。
平成15年 ISO9001の認証を取得。(登録番号 JUSE-RA-756)
平成19年  日清紡績(株)より合成木材事業の移管を受け、千葉工場にて生産を開始、「ニッポリFRU」として販売開始。
平成20年 当社三田工場が、環境マネジメントシステム『エコアクション21』の認証を取得(登録番号 002200)
ポリカーボネート板の新JISマーク認証取得
(認証番号:TC0507026)
平成21年 液晶テレビ用光拡散板の量産出荷を開始。
ポリカ波板「アロマブライト」の市販を開始。
平成22年 「ニッポリFRU」の出荷量増加に対応する為、プレス機を増設。
平成23年  熱線反射ポリカーボネート板「サーモディフェンダー」の市販を開始。
平成27年  主要株主変更。タキロン株式会社 100%。

  • 高機能性エポカーボシート
  • 光拡散板アロマブライト
  • 表示用アロマブライト
  • PC建築資材
  • FRP建築資材
  • ポリドーム
  • 上下水道用資材
  • カーブミラー
  • 住環境資材
  • 土目資材
  • その他資材

日本ポリエステル株式会社

採用情報

トップへ戻る