ホーム

素材について

素材について

プラスチックとは?

プラスチックはギリシャ語の「プラスチコス(成型する、形づくる)」を語源としています。一口にプラスチックと言ってもその中身は多様ですが、熱的な性質からは「熱硬化性樹脂」と「熱可塑性樹脂」に分けることができます。

熱硬化とは加熱すると固まるという意味です。「熱硬化性樹脂」はクッキーを焼き上げるのに似ています。不飽和ポリエステル樹脂(UP)、ビニルエステル樹脂(VE)、フェノール樹脂(PF)等がこれにあたります。
ガラスやカーボン等の繊維を熱硬化性樹脂で固めたものを繊維強化プラスチック(FRP)と呼びます。

「熱可塑性樹脂」は熱を加えると可塑性(溶融して液体になる性質)が出る樹脂です。これはカカオバターをとかして板チョコを作るのに似ています。ポリカーボネート樹脂(PC)、ポリエチレン樹脂(PE)、塩化ビニル樹脂(PVC)等がこれにあたります。

繊維強化プラスチック(FRP)とは?

繊維(Fiber) 強化(Reinforced) プラスチック(Plastics)の略で、FRPは強化材にガラス繊維等、樹脂に熱硬化性樹脂を使用して固めた工業材料です。

特徴として

  • 軽くて強い
  • 電気絶縁性があり、且つ電波透過性がある
  • 錆びない

があげられます。

成型法として

  • 「ハンドレイアップ成型」:舟艇、船舶等
  • 「スプレーアップ成型」:タンク、浴槽等
  • 「レジンインジェクション成型」:浴槽等
  • 「フィラメントワインディング成型」:パイプ、タンク等
  • 「引抜成型」:L材、C材、パイプ等
  • 「プレス成型」:平板、浴槽、ヘルメット等
  • 「連続成型」:波・平板等
  • 「オートクレーブ成型」:航空部品等

等があります。

ポリカーボネート樹脂とは(PC)?

熱可塑性樹脂の中の汎用エンジニアリングプラスチックに属します。
主にビスフェノールAと有機溶剤との懸濁液に気化ホスゲンを吹き込むことによって作られます。

特徴として

  • プラスチックの中では最高級の耐衝撃性を有している
  • ガラスに匹敵する透明性がある
  • ガラスやアルミの約1/2の軽さである
  • 自己消火性がある

があげられます。

ガラス長繊維強化硬質発泡ウレタン(F.R.U)とは?

Fiiber Reinforced foamed Urethane の頭文字をとったもので、
樹脂分(マトリックス)に硬質発泡ウレタンを使用した材料で、広義にはFRPの一つ
の種類と区分できます。

特徴として

  • 一般のFRPと比べると、さらなる軽量性・断熱性・遮音性が得られます。
  • 釘が使用できる加工性にも特徴があり、『合成木材』とも称されます。

ガラス繊維の健康安全性について

ガラス繊維は、発がん性について分類できない物質としてランクされています。
これはコーヒーや、漬け物より安全であるという位置付けです。

硝子繊維の安全性に関しては「硝子繊維協会」のHP内に”安全性Q&A”があり、”ガラスウールの安全と健康Q&A”の中で、健康上問題なしと見解が出ております。

使用済みFRPの処理

使用済みFRPの処理についても、樹脂分を燃焼してエネルギーとして用い、繊維残渣をセメント原料として使用する取り組みをFRP業界として取り組んでいます。
(社)強化プラスチック協会のWeb Site で詳細をご覧いただけます。

  • 高機能性エポカーボシート
  • 光拡散板アロマブライト
  • 表示用アロマブライト
  • PC建築資材
  • FRP建築資材
  • ポリドーム
  • 上下水道用資材
  • カーブミラー
  • 住環境資材
  • 土目資材
  • その他資材

日本ポリエステル株式会社

採用情報

トップへ戻る